トピックス

【お客様訪問】新倉工業株式会社 富士御殿場試験所様

PJLAは新たにISO/IEC17025認定を取得したお客様を訪問し、認定証授与式を行うとともに
認定に関わるこれまでの準備や今後の活動について取材を行い、これから本規格の認定を
検討されている試験所・校正機関の皆様に参考となる生の情報提供を行っております。

今回は新倉工業株式会社 富士御殿場試験所様(静岡県御殿場市、対象業務:貨物タンクへの火災通過防止装置のフラッシュバック試験)を訪問し、認定取得のきっかけ、工夫した点、今後の取り組みについて、現地に訪問し、今回の認定取得に関わった古川様、メンバーの皆さまにお話を伺いました。

 

Q1:新倉工業様の業務、お客様について。

弊社、新倉工業株式会社は、自社開発・自社製造にこだわり、安全と品質を追求しています。
船舶艤装品を中心に据え、培った技術・ノウハウを広く活用しており、各種陸上プラント用製品、事業用スプレーノズルの開発・製造・販売を行っております。

認定取得に関わったメンバーの皆さま
富士御殿場試験所にて行われた認定証授与式(左:古川様)

 

Q2:認定取得のきっかけやお客様からの問い合わせ、要望。

当初は船舶の規格の中でISO17025が必要とされていると認識しており、そのために規格の情報収集を始めました。

結局、船舶の規格では必須の認定ではありませんでしたが、自社製品の技術面・品質面だけでなく、サービス面も充実させる必要性を感じ、その質の向上を目指しつつ、開発に活かそうと考える過程で認定取得のニーズが生まれました。

認定を取得すれば、将来的にサービス面において、受託試験の事業化などの可能性も視野に入れることができるので、試験所としてISOの成績証明書が発行できる体制となる事は弊社にとって大きなメリットがあると思っています。

今後、認定を受ける試験範囲を広げて対外的な信頼性を高めるべくアピールしていきたいです。

 

Q3:認定準備で苦労した事、認定を取得して良かった事。

メンバーの誰にも規格自体の知識がほとんど無く、ゼロからのスタートでした。もともとISO9001は取得していますが、その知識だけでは理解が追い付かず、解釈が難しい箇所、ISO17025ならではの理解が必要な個所の対応には本当に苦労しました。不確かさやバジェット表の作成など、最初はどうすれば良いのか全くわからない状態でした。また担当者の交替があり、引き継ぎにも苦労しましたが、メンバー同士が互いに教え合ったり、勉強会を開いたりして何とか乗り切ることができ、ISO17025認定取得を達成したことは非常に自信につながりました。

当初は手順書づくり一つとっても個人の力量によって差がでていましたが、取り組むうちに誰が作業してもできる品質にしなければと考えるようになりました。実は5年前にも取得を目指していたものの、担当者個人任せで依存的、悪く言えば場当たり的に活動しており、担当者の交替をきっかけに頓挫してしまっていました。この反省を生かし、個人ではなく部署横断的に組織として取り組む体制にしたことで、試験所メンバー全員が規格やルールを順守して活動することの重要さを認識することができました。それに伴いISO17025基準での設備管理もできるようになりました。

今ではISO17025目線、価値観で業務を見れるようになったと思っており、日々手ごたえを感じています。

認定を取得した試験業務の様子
【参考映像:フラッシュバック試験】

 

Q4:今回の認定機関をPJLAにした理由

審査員様とのやり取りであった様々な指摘を通して学ぶことが多々あり、担当審査員様の技術的な専門性のレベルの高さ、的確なご指摘内容によってひとつひとつ改善できたことは、諦めずに認定取得に取り組む励みになりました。試験を実施する上で今まであまり気にしていなかったこと(人・環境・設備の変化等)が、どのくらい試験結果に影響を与えるかについて意識がいくようになるなど、PJLA様の審査を受けることで多くの気づきがありました。

 

Q5:今後の試験所としての取り組みについて

ISO17025では世界初の取り組みである、フラッシュバック試験での認定取得の目標を達成し、
業務に誇りを持つことができました。

認定取得は今後、同業他社との差別化につながり、ルールを作っている当局や、関連機関にもアピールができます。他の試験の認定取得にも挑戦していきたいです。またISO17025の考え方は業務で行っている他の試験にも展開していければと思います。

 

Q6:同業者も含めた今後ISO17025を取得する試験所へのメッセージ

ISO17025の認定取得はとても難しいものと思いますが、最後まであきらめずに挑戦をしてほしいです。17025基準でモノを見ることで世界が変わります。

今回の認定、今後の展望について語るメンバー

 

富士山を望む会議室で行われた認定証授与式、記念撮影では集まった新倉工業の皆様の喜び、笑顔が非常に印象的で、今回の認定取得を心から喜んでいる様子が伺えました。
「17025基準でモノを見ることで世界が変わります。」この体験を多くの皆様に味わって頂けるよう、PJLAは2023年も本規格の認定普及に邁進してまいります。

 

【取材:事務局】

 

ページトップへ