技能試験

技能試験は試験所の能力を客観的に提供する手段

試験所・校正機関が技能試験に参加することは、ISO/IEC 17025:2005規格の要求事項です。この要求事項の目的は、利害関係者に対し、適用認定範囲内に含まれた活動に関して正確かつ反復性があるデータを生成する試験所の能力の、客観的証拠を提供することです。

技能試験の参加により試験所の能力を証明

良好な技能試験データは、顧客、潜在的顧客、認定機関、その他の外部組織に対して、試験所の能力の証明となります。また技能試験に参加することで、試験所・校正機関の品質システムの内部監視における貴重なフィードバックを得ることもできます。技能試験活動を通して、試験所・校正機関は具体的な校正または試験を実施する能力を証明することができます。

技能試験要求事項に関する詳細について

PL-1:「技能試験要求事項」(「関連文書ダウンロード」よりダウンロードできます)をご確認ください。さらに詳しい情報はPJLAまでどうぞお気軽にお問い合わせください。

日本においてPJLAが参加を推奨している技能試験

-日本電気計器検定所(JEMIC)
-一般社団法人 日本環境測定分析協会(JEMCA)
-公益社団法人 日本分析化学会(JSAC)
-一般財団法人 食品薬品安全センター(FDSC) 秦野研究所
-独立行政法人 農林水産消費安全技術センター(FAMIC)
-国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST)
-一般財団法人 日本食品検査 (JFIC)
-食品化学分析技能評価スキーム (FAPAS)
-食品微生物検査技能評価スキーム (FEPAS)
-独立行政法人 製品評価技術基盤機構 (NITE)
-株式会社 電磁環境試験所認定センター (VLAC)
-国立医薬品食品衛生研究所  (NIHS)
-独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究所機構 (NARO)
-一般財団法人 日本食品分析センター (JFRL)
-一般財団法人 全国給水衛生検査協会
-公益社団法人 日本医師協会 (JMA)
-一般社団法人 日本衛生検査所協会 (JRCLA)
-一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 (JAMT)
-日水製薬株式会社

APLAC主催 農薬に関する技能試験の参加試験所募集について

「お知らせ」にて詳細をご案内しております、ぜひご確認ください。

ページトップへ