トピックス一覧

東京スクリーン株式会社様を「金属製ふるいの目開き及び線径の校正」の適用範囲で認定致しました。

東京スクリーン株式会社様  認定番号87748

「JISZ8801-1 及びふるい測定システムを用いた金属製ふるいの目開き及び線径の校正」

 

この度、PJLAは東京スクリーン株式会社様を「金属製ふるいの目開き及び線径の校正」の適用範囲で認定致しました。

分野は「寸法的校正」で、当該項目は試験用ふるいメーカーとしては国内初の取得となります。

東京スクリーン様は試験用ふるい業界にてかなりのシェアをお持ちで、国内のみならず海外でも大きな影響力を持っている業界を代表する企業です。今回は製品の信頼性を通じ、お客様の安心感をより強固にするためにISO/IEC17025をご取得されました。

試験用ふるい業界初の認定に、お客様からも喜びのお声を多数頂いているそうです。

この度、認定証の授与に伺い、東京スクリーン株式会社 代表取締役社長 荻田 容宏様にISO/IEC17025認定の取得目的やその効果に関するインタビューを行いました。取得をご検討中の方や、情報収集中の方は是非参考にご覧ください。

校正風景

校正風景

東京スクリーン株式会社 代表取締役社長 荻田 容宏様への認定証授与風景

東京スクリーン株式会社  代表取締役社長 荻田 容宏様への認定証授与風景

 

 

 

 

 

 

 

 

―ご取得に際してー

Q: 今回の認定取得の目的は?

A: お客様へより一層の安心感を持って頂く為。

弊社では、試験用ふるいの製造にあたり、試験用ふるいの金網の最良の部分のみを製品として使用し加工する為、網目によっては仕入れ材料の約50%程度しか最終製品とはなりません。製品となった後、製品の校正を行い出荷しています。年間では数千個といった製品の校正を行い、出荷している事になります。お客様が製品をご購入される上で、精度がしっかりしている事の証明が出来れば良いと思い、ISO/IEC17025を取得しました。

弊社には、「我々が頂く給料はお客様よりお借りしているもので、お客様へとお返ししなければいけないもの。お金ではなく、品質や安心感でお返しする」という理念があります。ISO/IEC17025の取得は、まさにこの理念にかなったものです。

取得する以前より、弊社製品の精度は世界と比較してもトップだと自負してはおりますが、ISO/IEC17025を取得した事で今後海外への輸出がよりし易くなるのでは?と考えております。

Q:業界内でのISO/IEC17025認定の取得についての動向は?

A: 国内に数社の競合が存在しますが、ISO/IEC17025取得企業は弊社以外では1社も無い状況です。業界内で初めに取得できたというのは大変喜ばしい事です。業界全体が盛り上がるのであれば、競合もどんどん取得してほしいと思います。

Q:取得のきっかけは?

A:依然よりISO17025は知っていましたが、ISO9001取得の過程で更に17025の重要性を知り、お客様より一層の安心を得られると思い取得を決断しました。

Q:取得への準備をどのように行いましたか?

A:組織体制は今までと変更はせず、構築の専任として1名、その他2名をサポートとして指名しました。通常業務に影響が出ない範囲で専任メンバーが中心となり構築を行いましたが、担当者だけでなく、回覧等にて社内全体へ構築状況の情報共有をし、協力体制を整えながら進めるようにしました。

Q:今後取得される方へのポイントは?

A:社内全体で情報共有をし、協力体制を整える事が重要だと考えます。担当者のみが対応するのではなく、サポート役が常に状況を把握し、協力する事で円滑に準備ができると思います。それに加え予備審査など、外部からの意見も重要で、審査にて指摘を受ける事で何が必要かをピンポイントで知る事ができると思います。

―取得後の効果としてー

Q:取得後の効果は?

A:取得してまだ日が浅いですが、すでに受注数は増えています。今後は受託の校正件数も増えると予想されます。また、社内での「校正」についての認識を改める事ができたのも大きな収穫です。今までは校正と呼んでいた業務についても、検査、校正としっかり区別するようになり、業務に対する意識改革にも繋がりました。

―継続の為にー

Q:今後の課題は?

A:ISO/IEC17025校正とは何か?をより多くの人へ理解してもらう為、PRしていく必要があります。認定範囲は今後も拡大をしていく計画があります。

Q:継続の為に心がけていることは?

A:次のISO/IEC17025関連要員は指名済みで、既に規格要求事項の把握を進めています。今後徐々に増員していく予定です。試験室や会社の雰囲気といった全体の環境の維持と、皆の思いの維持をしていく為、今後も社内教育や全体の集会の場などで周知をし、高い品質を維持していきたいと考えています。

Q:今後のPR予定は?

A:展示会やカタログ、HPの他、学会誌や協会誌、測定器メーカー等幅広く広報活動を行っていく予定です。

株式会社飯野様を「恒温槽の校正」として認定致しました。

この度、PJLAは株式会社飯野様を「恒温槽の校正」として認定致しました。
認定範囲は「電気的校正」で、Sevenseeds株式会社様に次いで2件目になります。
恒温槽の校正は、TSZ0032;2.41「計量計測トレーサビリティ」の定義から、温度槽の風量がある有効範囲内では温度センサーを用いて「寄与する不確かさの連鎖」を確立することが困難であるとされています。電気的校正は乾球温度検出端の出力電圧と湿球温度検出端の出力電圧を電圧計又は専用校正装置を用いて校正することにより、トレーサビリティを確立した校正が可能になります。

㈱飯野様への認定証授与風景

㈱飯野様への認定証授与風景

株式会社飯野様は、恒温槽を使用されるお客様の要望にお応 えするため、PJLAの校正方法を選択され、NISTにトレーサビリティする電気的校正手順を確立され、この度の認定となりました。
認定の授与に当たって藤生代表取締役は「ISO17025はISO9001 とは異なる奥が深いマネジメントシステムで、手探りで規格要求事項を覚え、統計的なデータ処理方法を確立してきました。認定によって当社の校正業務が世界に通用する責任感を感じています」と喜びを語られました。

校正作業風景

校正作業風景

 

日本試験機工業会様の統計では、PJLAが認定している恒温槽の電気的校正方法は、年間約500件に及ぶと公表されておられます。PJLAでは、電気的に恒温槽を校正する方法が、お客様を通して、恒温槽製造メーカーや校正機関に広がることを期待しておりますので、各機関様からのお引き合いをお待ちいたしております。

JASIS 2015(旧分析展/科学機器展)、TEST2015 (総合試験機器展)へ出展いたしました。

JASIS 2015(9月2日~4日幕張メッセ国際展示場)、TEST2015(9月16日~18日東京ビックサイト)が開催され、両展示会合わせて3万人を超える来場者数で大盛況のうちに幕を閉じました。

PJLAは試験所・校正機関を多数認定している認定機関としてISO/IEC17025試験所認定制度を宣布するために、展示ブースの開設とプレゼンテーションを行い、多くの方々にお越し頂く事ができました。特に今年は、ご来場頂いたお客様から従来以上のお引き合いを頂く機会を得られましたと共に、ブースに常駐している審査員メンバーがお客様の技術的ご質問に丁寧にお答えするなど、多大な成果を得ることができました。

今回の両セミナーでは不確かさ推定方法をテーマとした内容の中で、PJLA技術委員会が考案した4象限に分けた解説法を用いて試験/校正手法におけるそれぞれの算出の違い等やその考え方を説明致し、高評を頂きました。

PJLAはこれからも様々な業界の試験所・校正機関を認定してまいりますので、今後もご支援を賜りますよう宜しく願い申し上げます。

 

TEST2015でのプレゼンテーション風景

TEST2015でのプレゼンテーション風景

ifia2015へ出展しました

ifia JAPAN 2015が5月20日(水)~22日(金)まで東京ビックサイトにて開催され、 3万人以上の来場者で大盛況のうちに幕を閉じました。

PJLAはUSAパビリオンより出展し、展示ブースならびに出展社プレゼンテーションへと、多数の方々にお越し頂く事ができました。特に、食品関連分野試験所を多数認定している認定機関として、従来以上に展示ブースにお越しいただき、お引き合いを頂く機会を得ることができました。

また、今回のプレゼンテーションは微生物試験、DNA判定試験等の試験における同定を対象とした不確かさの推定について、必要性と方法を説明致しました。

PJLAはこれからも様々な業界の試験所・校正機関を認定してまいりますので、今後もご支援を賜りますよう宜しく願い申し上げます。

 

ブースでの様子

ブースでの様子

セミナーの様子

セミナーの様子

セミナー資料抜粋

セミナー資料抜粋

日本ミシュランタイヤ株式会社 及び タイヤ製造メーカー4社を認定しました

ペリージョンソン ラボラトリーアクレディテーション インクは、2015年2月24日に日本ミシュランタイヤ株式会社 アジア研究開発本部をISO/IEC17025規格で試験所認定を致しました。

この認定で、日本におけるタイヤ製造メーカーである、横浜ゴム株式会社 タイヤ試験部、東洋ゴム工業株式会社 タイヤ実験部、住友ゴム工業株式会社 第一、二、三実験部の4社を、PJLAにおいてISO/IEC17025で認定したことになります。

時代の変革と共に、タイヤ荷重の軽量化、燃費の向上等、計量機器の改善を含めた審査を実施してまいりますので、タイヤ関係の試験及び測定機器の校正はPJLAにお任せいただきたくお願いたします。

 

 

ケンコーマヨネーズ株式会社様 認定証授与式

ケンコーマヨネーズ株式会社 品質保証本部様 に対する認定証授与式を2015年2月23日にPJLA東京支店で行いました。認定範囲は「食品衛生検査指針に基づく標準寒天培地を使用した中温性好気性菌数の試験」で対象はマヨネーズ類を含む調味料・惣菜となっています。

写真は、村田隆常務取締役にPJLA代表國富から認定証を授与している一場面です。

村田隆常務取締役にPJLA代表國富から認定証を授与

村田常務取締役にPJLA代表國富から認定証を授与

 

厚生労働省 横浜検疫所、神戸検疫所を認定しました

ペリージョンソン ラボラトリーアクレディテーション インクは、2014年2月14日に厚生労働省 神戸検疫所を、2014年2月17日に厚生労働省 横浜検疫所をISO/IEC17025規格で試験所認定を致しました。輸入動物性食品の安全性試験に係る分野にISO/IEC17025認定が促進されることになります。

食品・環境物質の放射線測定を行う試験所の皆様へ朗報!

食品・環境物質の放射線測定を行う試験所の皆様へ
ISO/IEC 17025試験所認定への朗報!
農林水産省より認定機関として告示文書に掲載されました

東日本大震災において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、原発事故による放射線の影響をご心配されている消費者の皆様には、適切な検査機関が測定した検査内容を信頼していただき、ご配慮ある行動を取られることをお願い申し上げます。

ペリージョンソン ラボラトリー アクレディテーション・インク(PJLA)は平成24年8月13日付、「香港向けに輸出される食肉及び家禽卵に関する証明書の変更について」(24食産第2469号)の告示において、農林水産省より香港向けに輸出される食肉及び家禽卵の放射性核種(Cs134、Cs137、I131を含む)検査を行う検査機関に関するISO/IEC 17025の認定機関として告示されました。

農林水産省は4月20日付けで、放射性セシウムの新基準(一般食品100Bq/kg、牛乳と幼児食品50Bq/kg、飲料水10Bq/kg)を遵守し、この基準に基づいて判断するよう周知を要請いたしました。これにより判断基準が明確となり、消費者の皆様が安心できる環境が整ったことで、国際規格により測定を実施する認定を受けた試験所の役割が一層重要になったと考えます。

PJLAの認定審査は原発事故以来、ゲルマニウム(Ge)半導体検出装置、NaI(TI)シンチレーションサーベイメータ、ランタンブロマイド(LaBr3)シンチレーター等を用いた放射性核種試験を行う試験所のISO/IEC 17025に基づく試験所認定を行ってまいりました。
放射線測定試験所の国際規格による認定は、国内のみならず国際的な消費者の要求になっていますので、ISO/IEC 17025による試験所認定が不可欠な条件になってきております。PJLAは平成14年3月、厚生労働省医薬局食品保健部監視安全課より発行された「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」、平成24年3月、厚生労働省医薬食品局食品安全部より通知された「食品中の放射性物質の試験法について」及び、厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課より通知された「食品中の放射性物質の試験法の取扱いについて」等に基づいて各試験所様が作成された試験手順書を認定いたします。

さらに、国際基準となっている測定値の単位(Bq/kg)と同じ単位で不確かさを表示する不確かさの推定手順に基づき、1Bq/kg単位で測定の不確かさを明示可能な推定方法を、国際的に認められた研修機関が実施した「不確かさの推定に関する入門コース(有料)」セミナーの中でご紹介し、新基準でも消費者のご要望に応えられるベクレル値の表示が可能な試験所認定に協力いたしております。

PJLAは、食品衛生法及び食品、添加物等の規格基準に則り、食品の微生物試験、成分試験を行う試験所の認定も行うとともに、ISO/IEC 17025:2005により、国際的な試験所認定を行うプログラムを多数実施しております。また農林水産省動物検疫所の認定も実施致しており、WTO-TBT協定を満足する測定の信頼性と、日本の食品の安全性の保証にも貢献しており、日本のISO/IEC 17025に基づく試験所認定制度の推進に努めてまいります。

食品の放射線測定を行う試験所の皆様には、是非お問い合わせいただきたくご案内申し上げます。

ペリージョンソン ラボラトリー アクレディテーション インク
國富佳夫

農林水産省ホームページより、下記で検索可能です
香港向けに輸出される食肉及び家禽卵に関する証明書の変更について

農林水産省 動物検疫所を認定致しました

2012年2月21日、ペリージョンソン ラボラトリー アクレディテーション インクは、農林水産省動物検疫所精密検査部微生物検査課をISO/IEC17025規格で試験所認定を致しました。家畜衛生の分野では、民間も含め国内で初めての認定取得となります。

詳細は下記ホームページをご参照ください。
動物検疫所 ホームページ

ページトップへ